オリーブオイルとバルサミコ

Balsamicoイタリアのレストラン、特にトラットリアと呼ばれる大衆的な店では、テーブルの上には、塩・コショウの他に、決まってオリーブオイルとバルサミコが並んでいる。
サラダをたのんでも、そのためのドレッシングが出てこないことが普通で、各自これらを自分の好みでかけて食べることになる。
とは言っても、どの店も同じような味になる訳ではない。オリーブオイルには、色々な香辛料が入っていて味のバラエティがある。オリーブオイルもバルサミコも、産地や生産者によってそれぞれの伝統の味がある。これらの違いがある中で、レストランごとに色々な選択をしていて、味のバラエティを充分に楽しむことが出来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です