「麻」は痺れる辛さ

香港在住の友人が連れて行ってくれた、四川料理店。
モダンな雰囲気で、「Chilli Fagara」という名前がついている。麻婆豆腐などの激辛の料理を楽しめる店である。
この店のメニューを見て改めて気が付いたことがある。それは、「麻」という字は、山椒の舌が痺れる辛さを表すということである。これに対して、唐辛子の辛さは、「辣」の字になる。日本語だと、両方とも「からい」であるが、中国語の方が細かく分かれている。
麻婆豆腐の料理名に、何故「麻」の字が先頭にあるのか、初めて意味が分かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です