小火鍋専家

上海では、食文化の多様化が進んでいることに、いつも感心する。
その中で、私が最近注目しているのが「火鍋=中国風しゃぶしゃぶ」である。
静安寺の近くに、「Gold Pot」という英語名がついている火鍋店がある。鍋は全て一人用で、グループで食べても、各自に小さな鍋が割り当てられる。
料理も各自で選択する。まず、スープを選ぶ。澄まし汁、唐辛子のスープ、キムチのスープなど。次にソースを、辛いソース、ゴマダレ、バーベキュー・ソースなどから選ぶ。あとは、具材を選ぶのであるが、スライスした牛肉が何段階かあって、他にシーフード、練製品、野菜、キノコなど豊富な選択肢がある。価格的にも、50元ぐらいで充分楽しめるし、自分の予算に合わせて選択できるのがうれしい。
いつも賑わっていて、男のグループ客もいるが、家族連れや女性のおひとり様など、幅広い客層に受け入れられているようだ。ヘルシー志向の人にも合っている。
日本でも、こういう店があると流行るのではないかと思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です