マーライオンのお尻

シンガポールで、新しい観光スポットの Marina Bay Sands と、伝統あるシンガポールのシンボル:マーライオンが一緒に入るように写真を撮ってみた。この場合、マーライオンはどうしても後姿になる。この写真をみて、Marina Bay Sands に注目するよりも「マーライオンのお尻を初めて見た」と言って感激してくれた人が、何人かいた。

マーライオンのお尻” に対して1件のコメントがあります。

  1. 宍戸 律子 より:

    シンガポールをただ一度だけ訪れたのは、13年前のX’masです。印象的だったのはshopping mallsの豪華さ、food courtsの充実性、それからair conditioningの強烈さでした。マーライオンを見たのは小雨の中。都市の闊達さに比べると、剥げかかった小ぶりな身体が哀感をそそりました。産業の急速な発展に置き去りにされたような姿でした。現在は修復も環境整備も整い、本来の品格を取り戻していることを祈ります。街の人々は相変わらず肩を立てて急ぎ足でしょうか?

    1. master より:

      宍戸様、コメントありがとうございます
      マーライオンは、10年ぐらい前に海際に移転して、シンボルらしい姿になりました
      シンガポールは、今もモールの数がどんどん増えて大型化しています
      空調は、相変わらず強烈なので、ビルの中で上着が必要です
      元気な人が多い点では、とても好きな街です
      榎村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です