ヒースロー空港のタクシー

私は、タクシーに乗るのがあまり好きではない。特に海外では、行先をキチンと伝えられるか?遠回りされないか?料金をボラれないか?など、心配が多い。
しかし、ロンドンでタクシーに乗るのは、空港のタクシーの場合でも安心できる。
4人でヒースロー空港に到着し、タクシー乗場に並んだ。順番が回ってきたのは、お馴染みのオースチン型4人乗りタクシー。しかし、全員荷物が大きく、1台では無理かなと感じた。
運転手に、2台に分乗したいと伝えたが、何とか詰め込んでみるから俺に任せろという感じで、荷物を詰め込み始めた。やはり無理がある状態で、すぐには収まらない。こちらが少し焦った様子を見せると、「Don’t hurry」と言って、口笛を吹きながら続けている。タクシー待ちの人の列も目に見えて長くなってきた。それでも、その運転手は気にせずに、パズルを楽しむように色々と積み替えている。
結局、ギューギュー詰めだけど何とか収まって、ロンドン市内へと出発した。走っている最中も、陽気なその運転手は、歌いながら色々と話しかけてくる。途中で、積荷がずれ落ちそうになって一度車を止めて積み直したが、無事に目的地まで到着した。
「人生そんなに焦らずに」ということを、思い起こさせてくれて、私としてはとても楽しい経験であった。

ヒースロー空港のタクシー” に対して1件のコメントがあります。

  1. 宍戸 律子 より:

    素敵な運転手さんとの出会いでしたね。異国でのタクシー利用には、やはり常に一抹の不安と疑念がつきまといます。こちらの人生観も明るくしてくれるような、こんなに楽しい乗車体験ができたらと思います。これも旅の一期一会!

  2. master より:

    効率重視になりがちな世の中で、すごく貴重な体験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です